災害時でもつながるために、はじめてみようツイッター

三郷市社協のツイッターアカウントをフォローして、
地域の情報をゲットしよう!

三郷市社会福祉協議会では、ツイッターを利用した情報発信を行なっています。
社協の事業、ボランティア情報や災害義援金などのほか、三郷市の地域情報もお伝えしています。
東日本大震災時には、各地の被害状況やボランティア、救援物資の情報などをお届けしました。

三郷市社協のツイッターアカウントは@misatosyakyoです。
みなさま、ぜひフォローをお願いします( ´∀`)b

Twitterアカウント運用ポリシーはこちらのページです。

◆Twitter(ツイッター)ってなんですか?

ツイッターは140 字以内の情報をやり取りできる無料のサービスです。文字だけでなく写真を添付することもできます。
一般的に「つぶやく」と言われているように、140字の制限のなかでのやり取りなので、意外に気軽に始められます。
データの送受信も軽い情報量ですので、ダウンしている、使えないというリスクが少ないと言われています。(調子の悪いことはけっこうありますが^^;)
東日本大震災時に携帯電話のメールが繋がりにくい状況の中、インターネットのサービスであるツイッターでの通信は可能でした。

インターネットは、携帯電話のようにいったんつながったらずっとその回線を独占している訳ではなく、パケット通信といって、小さい小包に分割して相手に送り、それもそれぞれの小包が必ずしも同じルートを通るとは限りません。 スカイプの音声なども分割した単位で送って最終的に元の順番にならべて相手に届けられます。
また、インターネットはウェブと例えられるように、クモの巣のように張り巡らされたネットワークです。あるルートが混んでいれば自動的に別のルートを探してそこを経由して通信するので、回線を使い切ることが少なくなります。

◆家族や友だちとつながりを作ろう

家族や友だち、会社の人たちとツイッターのアカウントを教えあっておきましょう。災害などがあった場合に連絡しあう約束をあらかじめしておくといいかもしれませんね。
災害時にどこに避難しているのか伝えたり、お互いの安否確認に使えます(災害時には、電話はなかなかつながりませんよね)また、自分で動けなくなったときに助けを呼びかけることもできます。
顔が見えなくても、声が聞こえなくても、知っている誰かの「つぶやき」を読むことで「つながっている」「ひとりじゃない」といった安心感を得ることができます。

◆公的機関などの情報を受け取ろう

国や自治体、各種団体は、公式アカウントから情報を発信しています。災害時の情報だけでなく、お住まいの地域の情報も受け取ることができます。
また、NHK のニュース情報などは、災害時には信頼感があります。
オススメのアカウントの一例を挙げてみます。フォローしてみてはいかがですか?

@Kantei_Saigai 首相官邸(災害情報)
@FDMA_JAPAN 総務省消防庁
@misatokoho 三郷市広報広聴室
@pref_saitama 埼玉県庁
@nhk_news NHKニュース
@misatosyakyo 三郷市社会福祉協議会

◆どうやってはじめたらいいのかな?

パソコンを持っていなくても、携帯電話やスマートフォンでもツイッターできますよ。
メールアドレスがあれば、誰でも登録できます。なお、登録は無料です。
まずは、Twitter (http://twitter.com/)にアクセスして登録をしてみましょう。

◎登録の際に入力する情報◎
  1. 名前
    本名でなく、ニックネームでも登録できます。
    あなたのプロフィールページに表示されるので本名を入れると知り合いが探しやすいかもしれません。
  2. メールアドレス
    パソコンのものでも、携帯電話のものでも登録できます。 ※携帯電話でドメイン指定受信をしている場合は、@postmaster.twitter.com を受信可能にしてください。
  3. パスワード
    6文字以上の半角英数字にしてください。ユーザー名とパスワードが同じものだと、登録出来ません。
  4. ユーザー名
    半角英数字とアンダーバー(_) の組み合わせで作ります。15 文字以内で作成してください。 あなたのユーザー名は、プロフィール画像と共に、あなたが投稿したツイートの横に表示されます。


◎フォローするには◎

社会福祉協議会を例に取って説明します。
ツイッターの画面で「#見つける」 を選択します。
そこで「友だちを見つける」から気になるキーワードを検索。
今回は、「社会福祉協議会」を「Twitterを検索」ボタンをクリックして検索します。
検索結果が表示されますので、フォローしてみたいアカウントの横にある「フォローする」ボタンをクリックしてフォロー完了。

【参考リンク】
ツイナビ Twitter使い方ガイド(http://twinavi.jp/guide/)

◆ツイッターを使うときの留意点

  1. 流れてくる情報が全て正しいものとは限りません。はじめのうちは、情報の発信元がはっきりしている行政機関やNHK、新聞社などの公式アカウントをフォローすることをおすすめします。
    ※公式アカウントとは、行政機関や企業、団体が公式情報を発信するために正式に運用しているアカウントのことです。

  2. あなたの発言は世界中に発信されています。他人が不快に思ったり、挑発するような言葉遣いはしないようにしましょう。
    また、1対1で話しているように見えても、それを見ている周りの目があることを忘れないことをおすすめします。→満員電車の中で人としゃべっているイメージを思い浮かべてみてください。

  3. 個人情報はつぶやかないようにしましょう。住所、電話番号、メールアドレスなどはもちろんですが、今いる場所や日頃良く行く場所などが特定されないように気をつけましょう。

◆社協のつぶやき

◎なぜツイッターで情報発信しているのか?◎

ちょっとした情報をわざわざ見に来てもらわなくても届けることができるから。
災害時にも情報を届けやすいメディアだから。
情報を拡散しやすいメディアだから。
色々と理由はございますが、一番は少しでも三郷市社協を知ってもらおうと思い、始めました。
「社会福祉協議会って聞いたことあるけど、何をしているの?」
「社会福祉協議会なんて聞いたこともない」
そんな方々に「親近感」を少しでも、持っていただけるよう日々取り組んでいます。
固くなり過ぎないよう、アイコンには、ボランティアルームで高齢者疑似体験セットのモデルをしているマネキンの写真を使ってみたり、たまに日常ネタをつぶやいたりしてみていますが、果たして「親近感」につながっていますでしょうか?


バナー広告会員

和楽久みさと早稲田
バナー広告募集中
バナー広告募集中


関連ブログ

ブログタイトルまたは、記事タイトルをクリックすると読むことが出来ます。

Misato-Syakyo.Blog(三郷市社協のブログ)


三郷市老人福祉センターブログ


戸ヶ崎老人デイサービスセンター日記(ブログ)

RSS表示パーツ

三郷市社協のツイッター

更新情報などをつぶやいています。